LINEで送る

犬ちゃんと猫ちゃんのノミ・ダニについて

犬・猫のノミとは?

ノミ

ノミは、犬や猫の身体に寄生する代表的な「外部寄生虫」です。
寄生するノミの多くは「ネコノミ」と呼ばれるノミです。

「ネコノミ」は成虫時に、犬や猫の身体に寄生します。卵や幼虫、サナギの時は、身体から落ちて、普段、犬や猫が過ごす場所に潜んでいます。

ノミは、高温多湿の環境を好み、繁殖します。ですから、春から夏の時期は、繁殖期といっても過言ではありません。ただし、秋や冬と言っても、エアコンなどで温かくされた室内空間は、ノミにとってやはり快適な環境と言えますので、一年を通じて注意が必要となります。

人間の住環境が快適になった分、同じ室内に潜む「ネコノミ」にとっても快適な環境と言えそうです。

ノミに寄生されると…

ノミは成虫時に犬や猫の身体に寄生します。寄生されると、そのかゆみの強さから自身で「ひっかいたり」、「噛んだり」と、結果的に皮膚炎を起こす場合があります。

また犬や猫によっては、ノミに対するアレルギーを持っていることもあります。この場合、赤いブツブツした発疹ができたり、また脱毛してしまうこともあります。

犬・猫のダニとは?

ダニ

ダニは、ノミと同じく、犬や猫の身体に寄生する代表的な「外部寄生虫」です。
寄生するダニとしては、「マダニ」が一般的です。

草むらに潜み、散歩中の犬や猫の身体に乗り移り、血を吸います。成虫でもマダニの体調は1ミリメートル程度の大きさですが、血を吸うことによりその身体は、200倍以上に膨らみます。それは、黒いイボのようです。

マダニに寄生されると…

まず、マダニを発見した時は、無理に取り除かないようにして下さい。

マダニは、犬や猫の身体にその頑丈な口で、がっちり噛みついています。無理に取り除くことにより、口の部分だけが身体に噛みついたままとなり、その傷口からばい菌が混入し、化膿する場合があります。

マダニに寄生されると、そのかゆみの強さから自身で「ひっかいたり」、「噛んだり」と、結果的に皮膚炎を起こす場合があります。
さらにマダニが、マダニを媒介とする「他の寄生虫」や「細菌」などを引き連れてくる場合があります。

犬の場合、注意しなければならないのは、「バベジア」という寄生虫です。
バベジア症候群とよばれ、犬の赤血球を破壊し、生命に危険を及ぼす場合があります。

一方、猫の場合、やはり赤血球を破壊する「猫ヘモバルトネラ症」の感染に注意が必要です。

ノミ・ダニの駆除と予防について

「慢性心臓病」

ノミとダニの駆除で大切なのは、見つけても「つぶさないこと」です。前述のとおり、口の部分だけが残る場合や、それ以外にも、ノミ・ダニがメスの場合、卵をかかえていることもあり、その卵が拡散する恐れがあります。

ノミやダニの駆除や予防については、効果的な方法が数多く存在します。その効果、効能については、タイプによって違いがありますので、獣医師と相談の上、愛犬、愛猫にとって最適な方法を選択して下さい。

駆除の方法

駆除の方法としては…

  • スポットタイプ(薬剤を滴下するもの)
  • スプレータイプ(噴霧して使用するもの)
  • 内服薬・注射
  • 駆除シャンプー
  • 駆除粉

などを使用します。また飼育環境、飼育エリア、部屋に対する駆除剤なども用意されています。

恋ヶ窪動物病院での対応

恋ヶ窪動物病院では、各種駆除剤、予防薬もご用意しております。

処方にあたり、服用する「子」の生活状況を伺い、最適な駆除方法をご提案致します。詳しくは、ご来院頂いた際に、当院の獣医師にご相談下さい。

東京都国分寺市、小平市、小金井市、府中市、国立市、及びその周辺にお住まいの方は、お気軽にご相談下さい。

インフォメーション

診療時間

診療受付時間

  • ■ 平日:月曜日~土曜日(除く木曜)
    • 午前 9:00 ~ 午後12:00
    • 午後 4:00 ~ 午後 7:00
  • ■ 日曜日
    • 午前 9:00 ~ 午後12:00
    • 午後 休診
    • 但し、日曜日は予約診療となります。
      日曜日当日の診療のご予約受付時間は、午前11:00までです。ご注意下さい。
  • ■ 休診日
    • 木曜日・祝祭日

所在地住所 他

所在地住所
〒185-0032
東京都国分寺市日吉町4-7-2
交通
西部国分寺線恋ヶ窪駅徒歩6分
専用駐車場
近隣駐車場
患者さま専用駐車場4台
名称
恋ヶ窪動物病院
院長 高橋 木綿子
TEL
042-320-5371
スマホなら電話番号部分のタップでダイヤルします。
← 直前のページへ移動

PAGE TOP