恋ヶ窪動物病院 小さな家族のホームドクター

このページに掲載されている内容

犬フィラリア症について

犬フィラリア症にかかった心臓のイメージ

 犬フィラリア症とは、フィラリア(日本名/犬糸状虫、学名/Dirofilaria immitis)という寄生虫が、犬の体内で成長し、犬の心臓や肺、血管などに移動、寄生、増殖し、放っておくと死に至こともあるとても怖い病気です。

 フィラリアは、例えが悪いですが、細長い「そうめん」に似た形状で、成虫になると雄:約17cm、雌:約28cmの長さにもなります。

 フィラリアは、蚊を媒体として感染します。フィラリアに感染した犬から吸血した蚊が、その後感染していない犬から吸血。この蚊による一連の吸血行動によりフィラリアが感染していきます。

犬フィラリア症の主な症状

 犬フィラリア症に感染した場合、せきが出る、食欲がない、元気がない、腹部がふくらんでいる、おしっこに血液が混じるなどの症状が現れます。

 血液検査により、感染の有無を調べることができます。もしかしたらと思われた場合には、早急に獣医師の診察を受けて下さい。

犬フィラリア症の予防について

犬フィラリア症は、毎月1回の投薬で予防することができます

 投与する薬は、犬の体内に侵入したフィラリアの幼虫を心臓、肺、血管に寄生する前に駆除するものです。

 ただし、予防薬の投与にあたっては、決められた投薬期間(特に蚊の姿が見えなくなってから1ヶ月後の投薬が最後となり重要な投薬となります。)、きちんと毎月1回予防薬を投与する必要があります。

 投薬期間中に投与を怠ると予防効果が得られない場合があります。かならず獣医師の指示に従い投薬して下さい。

 また地域により投薬期間が異なります。合わせてお住まいの近所の獣医師にご相談下さい。

フィラリアの侵入と予防薬投薬の関係

 恋ヶ窪動物病院では、与えやすい錠剤の「チュアブル剤」の他に、添下スポット剤もご用意しております。

 処方にあたり、服用する「子」の生活状況を伺い、最適な駆除方法をご提案致します。詳しくは、ご来院頂いた際に、当院の獣医師にご相談下さい。

 東京都国分寺市、小平市、小金井市、府中市、国立市、及びその周辺にお住まいの方は、お気軽にご相談下さい。

ページ先頭へ